脳を活性化|肥満を防ぎ体調を整える賢者の食卓|健康への近道
女の人

脳を活性化

シニア男性

認知症は最近注目されることが増えた病気であり、テレビの情報番組でもその予防策などが放送される機会が増えています。認知症は記憶障害が起こることが初期症状といわれており、人の名前を忘れるほかものの使い方や常識に知られていることなども記憶から失ってしまいます。そして症状がひどくなれば、自分の家族の存在すら忘れてしまい、子供返りするかのようにキレやすくなる人もいれば、人柄が変わって別人のような性格になる人もいます。自分が認知症にならないように、又は自分の家族が認知症にならないように予防できるのであれば予防したいと思う人は多く、効果のある方法や栄養成分が伝えられるとそれがブームとなる傾向もあり、認知症はそれだけ多くの人に気にされている病気でもあります。

その認知症を予防することができる成分となるオメガ3脂肪酸が含まれる亜麻仁油やえごま油が、一時期多くの人に買い求められるようになり、どこの店に行ってもすぐに売り切れてなくなってしまう状態が続いたことがありました。オメガ3脂肪酸は不和脂肪酸の1種で、摂取することで脳の活性化につながり脳の働きを良くしていきます。認知症を予防することの1つは脳の活性化であり、脳にエネルギーを与えていくことで記憶力向上につながり、頭の回転を良くしていきます。普段から頭を働かすことはとても大事で、趣味でもパズルや塗り絵をすることもボケ防止には良い方法といわれています。オメガ3脂肪酸を毎日摂取しながら頭を動かしていくことで予防することができます。